オルゴナイトについて


1 オルゴナイトとは?


オルゴナイトとは精神分析の父であるフロイト博士の弟子である、オーストリア出身の精神分析医であるヴィルヘルム・ライヒ氏により開発されたオルゴンエネルギー集積装置であるORGONE(オルゴン)が時を隔てて、同じくオーストリア出身のカール・ハンス・ヴルツ氏により金属片を樹脂で固めたネガティブなオルゴンエネルギー(DOR)をポジティブなオルゴンエネルギー(POR)へと変換させるオルゴンジェネレーターを発明され、後にアメリカの発明家であるドン&キャロル・クロフト夫妻により、一定成分の金属片スラッジにパワーストーンを埋め込んだピラミッド型をベースに作られた幾何学彫刻のことです。


フロイトの弟子であるヴィルヘルム・ライヒ氏は1897年にウィーンに生まれ大学卒業後はフロイト博士のクリニックに勤務し、身体心理療法、ゲシュタルト(ドイツ語で『形』を意味する)療法、原初療法、性的な悩みを抱える人のアドバイスを行ってきました。しかし、全ての人間はリビドー(性欲)に支配されていると提唱したフロイトに対し、リビドーとは物理的なエネルギーだとするライヒの考え方が対立し、1934年に国際精神学分析学会から除名を余儀なくされます。


更にはナチスドイツによるファシズムを性的抑圧によるノイローゼ患者のサディスト的表現であるとした著書『ファシズムの集団心理学』の執筆により、ナチスドイツから要注意人物として見られたライヒ氏は亡命先のノルウェーで人間がオーガズムに達した時の液体を顕微鏡で観察すると内部から青みを帯びた光を発し、直径1ミクロンほどの胞子をバイオンと名付けましたが、ノルウェーの科学者から激しい批判を浴び、1939年に拠点を移し、助教授として勤務した米国NYのニュースクールで”Orgasm”(オーガズム)と”Organism”(生命体)を組み合わせた造語「オルゴン」による生命体の概念「オルゴンエネルギー」を提唱しました。


ライヒの死後は発明したオルゴンボックスは回収され、著書はナチスドイツにより焚書となりました。その一方でオーストラリア出身の数学者、物理学者、天文学者であるカール・ハンス・ウェルツ博士は少年時代から天文学、とりわけ星に興味を持ち、16歳で催眠術に関心を抱き、18歳で自己生成に興味を抱き、ハタヨガを取り入れたトレーニングにより自ら虚弱体質を克服し、弱冠19歳にして大学院の数学を学び始めました。研究の為に南アフリカ、スイス、西ベルリン・・・と世界各地を旅し、1974年に米国ではそれまで研究した意味論、波動療法、ライヒによる心理学とオルゴン物理学を集約させ、金属片を樹脂で固めたオルゴンジェネレーターを開発。それを『オルゴナイト』と名付けたのです。


その後、その研究は2000年にはアメリカの物理学者の故・ドン・クロフト氏とその妻であり、超能力者でもあるキャロルにより、勇気的なファイバーグラスと無機的な金属を細かく削ったものを混ぜ合わせ、紙コップやマフィンの容器に入れることでライヒ博士のオルゴンボックスと同様のエーテルエネルギーを引き寄せる物質を発見しました。そして微細なエネルギーに対して敏感なキャロルは水晶の粒を金属と混ぜ合わせ、樹脂で固めました。すると、水晶の負のエネルギーがプラスのエネルギーに変換され放出され、現在注目されているオルゴナイトの原型となりました。


ライヒ博士の研究開発の成果は時を超えて現代にも受け継がれ、オルゴナイトのコンセプトやライヒ氏の精神は女優・ジェーン・フォンダ主演の映画『バーバレラ』(1968年)、ウディ・アレン監督によるSFコメディ映画『スリーパー』、米国出身の歌手パティ・スミスの『バードランド』の歌詞、英国出身の歌手ケイト・ブッシュの『クラウドバスティング』の歌詞などの数々の芸術作品の中で開花し、現在も受け継がれています。


2 オルゴナイトとは?


オルゴナイトとはオーストラリアの精神分析医により発明された「オルゴンボックス」から派生し、カール・ハンス・ウェルス氏により『オルゴナイト』と命名された後、物理学者の故・ドン・クラフト氏とその妻であり超能力者でもあるキャロルによりクリスタルを埋め込むことでマイナスのエネルギーをプラスへと変換するものとして作られたレジン製のオブジェのことです。 Orgoniteの英語の意味を辞書で調べると「ファイバーグラス、レジン、金属を削ったもの、クォーツその他を混合させたものでマイナスのエネルギーをプラスに変換するもの」と表記されており、有機物と無機物を重ね合わせて作られていることが大きな特徴となります。 有機物とは草木のような生物、動物、人間を指す自然界の炭素化合物を指し、燃やした時に黒く焦げて灰となる物質で生命体と作っているもの、また無機質は化合物だけではない、石、ガラス、鉄、アルミニウム、空気、水などの有機以外の物質の事を指します。有機物である樹脂が生命エネルギーを吸収し、無機質である金属が生命エネルギーを放出すると考えられています。 アルミニウムをマイナス(ー)極に、銅をプラス(+)極の回路へつなぐと、僅かに電流が流れることがわかります。アルミ、銅、鉄で試した場合、アルミと銅を組み合わせた場合の電圧が最も高く、鉄は銅と組み合わせるとマイナス極、アルミと組み合わせると+極となりました。 このことからこの3種類の組み合わせが最もオルゴンエネルギーを引き出すのに適した無機物とされています。そして中に埋め込まれた水晶ポイントは有機物が固まる際にかかる圧力によって生じる圧力に比例した分極(表面電荷)が現れるピエゾエレクトリック効果という現象により、推奨特有のオルゴンエネルギーを常時発生させるためのものです。 ピエゾエレクトリックの語源はギリシャ語で圧搾(Press)を意味するPiezeinが語源となっており、樹脂が固まる際、多少収縮するため水晶に圧がかかり、微弱電流が発生する現象を示している物質のことを圧電体と呼び、ライターやガスコンロの点火やスピーカー、ソナー等の誘導体となる圧電素子として幅広く用いられています。このピエゾ効果と呼ばれるもが水晶のポイントに電気伝導率の高い銅線を巻くことでオルゴナイトが集めたポジティブなオルゴン・エネルギーが空間へ放出される仕組みを作ります。 そのようにポジティブなエネルギーが放出されることにより、作った人のプラスエネルギーのワクワク感とそのオルゴナイトへ、更にオルゴナイトを持つ人へと伝わり、また人や場におけるマイナスエネルギーがプラスのものへと変換されていくことにより、広まることの相互作用によって人々にプラスのエネルギーが還元されて行けば幸いです。


3 オルゴナイトの効能、効果


オルゴナイトとはオーストラリアの精神分析医により発明された「オルゴンボックス」から派生し、カール・ハンス・ウェルス氏により『オルゴナイト』と命名された後、物理学者の故・ドン・クラフト氏とその妻であり超能力者でもあるキャロルによりクリスタルを埋め込むことでクリスタルに金属片をレジンで固めて作られたオブジェのことです。 オルゴナイトは主にマイナスのエネルギーをプラスへと変換するものとして誕生しました。オルゴナイトには強力な癒し効果があるとされています。クリスタルや宝石をオルゴナイトの中に混ぜて入れることで、非有機成分はそれらのエネルジーを他方に分散されるのです。 「オルゴン」という言葉はインドの「プラーナ」、東洋の「気」として知られる生命エネルギーのバランスを取るために水晶、宝石、金属、樹脂を組み合わせて作られたものを指し、この自然の地球エネルギーはそこにある最も強力な宇宙エネルギーであり、シューマンの基本的なグローバル周波数である7.83Hzと共鳴します。この共鳴は私たちの惑星の「鼓動」であると考えられています。 クリスタルの強力な癒し効果はオルゴンピラミッドになることで拡大されます。クリスタルに宝石、金属を混ぜたものが樹脂により放電し、停滞した負のエネルギーの浄化として機能します。オルゴンナイトは職場、リビングや寝室に置くと、その場エネルギーを浄化し、電磁波から守る力を持っています。ラボでの研究ではこの共鳴にさらされると生命細胞の免疫力が強化し、心身にとって最高のパフォーマンスに達するなどの健康的利点も示されています。


4 オルゴナイトにダイヤモンド、金、銀を入れた効果


金属にクリスタルを混ぜてレジンで固めることにより、マイナスエネルギーをプラスに変換するとされるオルゴナイトに入れる金属としてかつてはアルミ製または針金などをスパイラル状に曲げたものを入れたものが多く販売されてきましたが、私共はそこに金、銀を入れることで更なる効果や人々の運気上昇を見たいと考えております。 金色は「富」「繁栄」「成功」を象徴する色です。太陽のようにエネルギーを蓄えるという性質から蓄財の効果も期待されています。また風水的には金色の財布を持つことや金色のアイテムを入れておくことでお金が引きよせられて集まるとも考えられています。 また、風水では銀色は金色と真逆の意味を持つと考えられているそうです。金色が「富」「繁栄」「成功」を意味するのに対し、「才能開花」「間接的に金運が上がる」「支出が増える」「チームワークがよくなる」「邪気払い」「落ち着きを与える」などの意味があるそうです。 銀色に関して注意しなければいけない点は支出が増える点になると思いますが、逆に自分の意識や支出を増やさないように気をつけるという意味でも金色のような一攫千金的な金運上昇ではなく、徐々に金運をアップさせていく効果のある色と考えられるでしょう。 そのように金色、銀色の双方を入れたオルゴナイトは、金色が好きか、銀色が好きかという好みの色の問題にもなりますが、それぞれの意味を把握することでまた違った選び方をするものと思われます。そして、コロナ禍で景気低迷するこの世の中で金や銀の効果に肖りたい人はますます増えるでしょう。


ダイヤモンドは、厄災や困難を退けて目的を達成したいときに、優れた効果を発揮するといわれています。 ダイヤモンドをパワーストーンとして見る時は、八面体の原石が最高の形です。 これは天と地のエネルギーを統合する理想的な形であり、強力な活性作用と、未来を切り拓いてゆく力や、カリスマ性を与えます。 カットをしたダイヤモンドの場合は、強烈な二面性を持つエネルギーへと変化します。 あらゆる力を増幅させる触媒として働き、持つ人のエネルギーを、プラス面のみならずマイナス面までも強烈に増大させる石です。 ダイヤモンドが放つ光は、全てを明らかにし、内にあるものを外に表出させ、外にあるものを内にも見つけ出します。 ダイヤモンドは、更なる多くの光を集め、増幅していく性質も併せ持っています。 高い透明度と輝きの美しさから、『純粋無垢』を表し、ストレスやネガティブな感情を浄化して、健やかな精神状態を保つ効果もあるとされています。 ダイヤモンドの輝きは、才能のきらめきをイメージさせ、身に着けることで持つ人のポテンシャルを引き出し、様々なインスピレーションを呼び起こすといいます。 また、エンゲージリングの定番でもあるように、永遠の絆を象徴し、人間関係や事業などを強固に結びつけてくれるそうです。 ダイヤモンドの色は、白いものは永遠の絆を、ピンクのものは喜びを、黒いものは悪霊祓いのエネルギー傾向が強いと言われています。 強力なお守りであり、栄光をつかむ可能性を高める、成功を意味するパワーストーンです。


ダイヤモンドのヒーリング効果


○精神の明晰性

○悪霊を祓う

○永遠の絆

○持ち主の思念を強化、増大させる

○必要な人間関係や富、財産を引き寄せる


ダイヤモンドの色/カラー 無色、黄色、褐色、ピンク、青、緑、黄緑、橙、灰、黒など ダイヤモンドの浄化・お手入れ クラスター、セージ、月光浴、太陽光、流水、すべての浄化方法に対応。 カラーダイヤモンドの場合は、日光に含まれる紫外線の影響で色が変化する場合があります。 セージによる煙浄化の場合、まれに輝きが鈍ることがあるといわれています。



参照元

orgone https://en.wikipedia.org/wiki/Orgone willhelm reich https://en.wikipedia.org/wiki/Wilhelm_Reich wilhelm reichの著書 https://www.amazon.com/Books-Wilhelm-Reich/s?rh=n%3A283155%2Cp_27%3AWilhelm+Reich The mass psychology of fascism https://en.wikipedia.org/wiki/The_Mass_Psychology_of_Fascism the man who thought orgasm could save the world https://www.bbc.com/culture/article/20210426-the-man-who-thought-orgasms-could-save-the-world willhelm reich’s sex-pol https://www.youtube.com/watch?v=4-CFLl9RL5A the orgasm theory http://wilhelmreich.gr/en/orgonomy/orgonomy-and-medicine/the-orgasm-theory/ willhelm reich-laboratory of microscopic observation http://wilhelmreich.gr/en/research/microscopic-research/laboratory-of-microscopic-research/ the man who thought orgasms could save the world https://www.bbc.com/culture/article/20210426-the-man-who-thought-orgasms-could-save-the-world Fantastically wrong why is the sky blue? it’s packed with sexy energy of course. https://www.wired.com/2014/11/fantastically-wrong-wilhelm-reich/ “Love, work and knowledge are the wellsprings of our life. they should also govern it”-wilhelm reich karl hans welz biography https://darkbooks.org/articles/Karl-Hans-Welz.html orgonite inventor speaks on orgonite and life energy https://www.youtube.com/watch?v=8uxWD-D0Qng orgonite inventor shows first generator of life energy https://www.youtube.com/watch?v=lR2deSWsrUI orgonite generator https://orgonegenerator.com/pages/welz Don&Carol Croft https://www.youtube.com/watch?v=JVbs4bEzDCI Patti Smith-Birdland https://www.youtube.com/watch?v=LhiZURCYSuc kate bush-cloudbusting https://www.youtube.com/watch?v=pllRW9wETzw Orgasmastron-Barbarella 1968 http://imaginaryinstruments.org/orgasmotron-excessive-machine/ Woody Allan-Sleeper 1973 https://www.youtube.com/watch?v=KAKWKfVcd04

orgonization man https://archive.nytimes.com/www.nytimes.com/books/99/09/05/reviews/990905.05gillmat.html


How to make orgonite pyramids and crystals with resin https://www.youtube.com/watch?v=YICAiQ44S7Q オルゴナイトの構造 https://liveenterprise.main.jp/hint/orgonite-topic-now.html ピエゾ効果とは何か? https://akemiomio.jimdofree.com/オルゴナイト/オルゴナイトのピエゾ効果/ オルゴナイトの作り方 https://uwariyu.com/オルゴナイトの作り方と注意点は?やっぱりピラ/


Do Orgone Pyramid Really Work? What are the benefits of Orgone Pyramids? https://www.tradenrg.co.uk/blogs/news/do-orgone-pyramids-really-work-what-is-orgone-pyramid-benefits-what-is-orgone-pyramid-science-how-to-charge-orgone-pyramid-uk-2020 オルゴナイトの作り方と注意点は!?やっぱりピラミッド型がいいの? https://uwariyu.com/オルゴナイトの作り方と注意点は?やっぱりピラ/ オルゴナイトは怖い?使い方や置き場所もチェック https://tsukimiru.com/orgonite-afraid


メルカリ最強金運波動のオルゴナイト https://jp.mercari.com/item/m69287258177 【その他の素材について面白いもの】 誕生石 https://www.fdcp.co.jp/4c-jewelry/column/62 ブラックオパール https://www.power-stones.jp/fs/hariqua/SO201216A-029?gclid=EAIaIQobChMI_czTo-H78wIVT9CWCh2VUwf1EAYYASABEgLAcfD_BwE シーグラス http://kc-life.net/seaglass/sea-glass 蛇の抜け殻 https://www.5star-magazine.com/news/snake/ 隕石 https://88terra88.cart.fc2.com/ca98/193/ 超隕石粉 https://bigbangmeteorshower.com/items/53847bf6236a1eb6190000c3 神聖幾何学(生命の樹、マカバ、クスリ絵) https://liveenterprise.main.jp/column/healing-items/healing-interior/how-to-get-everyone-different-orgonite.html フラワーエッセンス、アンシャントメモリーオイル、ミスティックブレンドオイルなど こちらご参考までに https://bercelesta.jp/SHOP/96452/list.html https://www.flower-remedy.shop




閲覧数:20回0件のコメント