• 株式会社 RAIN

金入門㊵ 「ゴールドラッシュ」が国際経済のフレームを変えた

「金」は万国共通の価値基準


『ゴールドラッシュ』

1848年のカルフォルニア州の砂金の発見を皮切りに1870年代まで世界中でブームが巻き起こります。

そしてこの歴史はのちに国際経済のフレームを変え、その発展に寄与する事になります。


国際取引において各国の紙幣はいわば”紙切れ”同然。

その価値を証明するものさしとして、万国共通の”金属”で取引が行われていました。

それが銀貨や銅貨です。

この2つは流通量が多く小口の取引に最適だったため、19世紀初頭まで国際取引に用いられていました。


しかし19世紀半ば、金と銀の立場は逆転します。

ゴールドラッシュによって希少とされた金の流通量が増えた事により、各国政府は貨幣に「金による裏付け」を認めたのです。


これが「金本位制」で各国の貨幣を”金何gに相当する”として証明するものです。


世界に先駆けてこの制度を取り入れたのがイギリスでした。


現在においては、先進国のほとんどが管理通貨制度に移行していますが、この金本位性が国際貿易の発展に一躍を担ったとも言えます。




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示