• 株式会社 RAIN

金入門⑱『投資先』としてのプラチナの可能性



プラチナといえば結婚や婚約指輪。


その優しい白い輝きが長く重宝される特徴です。

特に日本人は金よりプラチナを好む傾向があると言われています。


一方プラチナはその希少性と工業用途の可能性から投資商品としても注目を浴びています。

背景としてエコカー普及による自動車触媒や抗がん剤の材料としての需要増加があります。


また金同様、経済危機が起きても、その価値が無くならない事が投資先として注目される理由です。


投資商品としては下記の方法で購入する事が出来ます。


①現物取引

・地金・コイン売買:貴金属店

・プラチナ積立:証券会社

②商品先物取引:東京工業取引所

③ETF:証券会社


その控え目な輝きとは裏腹に、工業界ではレアで硬派な存在なのですね。


プラチナの控え目な輝きに隠された一面


・日本人は宝飾用として金よりプラチナを好む傾向があり、婚約指輪の90%、結婚指輪の80%がプラチナリングが選ばれている。

・プラチナは年間供給量が極端に少ないにもかかわらず、自動車用触媒や抗がん剤の材料ニーズの高まりから投資商品として注目を浴びてきた。 

・金同様、経済危機が起きても、その価値が無くならない事が投資先として注目される所以である。

ー投資方法

①現物取引 ・地金、コインの売買:貴金属店で購入 ・プラチナ積立: ②商品先物取引: ③ETF






閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示