金入門㊱ オーストラリア独立の立役者「金」

オーストラリア、ゴールドラッシュの軌跡


​・カルフォルニアと時を同じくしてオーストラリアでもゴールドラッシュが起こる

・なんと2300トライオンス(71,990g)もの世界一の金塊が発見される!


『ゴールドラッシュ』


1840年代から世界にブームを巻き起こしたのは他の記事でもお伝えした通りですが、その軌跡は各国によって違う様です。


今回はゴールドラッシュによって成功を手に入れたオーストラリアのお話をします。


カルフォルニアと時を同じくしてオーストラリアでもゴールドラッシュが起こりました。


なんとそこで発見されたのは2300トライオンス(71,990g)もの世界一の金塊!


このニュースを聞きつけ、世界中の人々が一攫千金を目指しオーストラリアに集まり、10年間で人口が約3倍(117万人)まで膨れ上がりました。

その栄華の象徴として、現在の大都市メルボルンはこのゴールドラッシュで栄えたと言われています。


しかしカルフォルニア同様、金相場の下落でオーストラリアのゴールドラッシュは終焉します。


ただオーストラリアの場合、カルフォルニアとは違った「良い効果」をもたらしました。


まず世界からの移民によって他国の文化・技術がもたらされました。


そして機知に富むのは金の衰退から経済モデルの転換を果たし、産業を発展させてきたという点です。


製造業界は砂金堀りをやめた男たちを労働者として受け入れ生産力を高めていきました。

また不動産業界においては労働者に住宅を供給、ゴールドラッシュで集まった人々に定住を促進したのです。


そして何より特筆すべきなのは「イギリスからの独立」です!


元々はイギリスの植民地、流刑地として出発したオーストラリアですが、先に挙げた文化・技術の流入、経済の発展で自治権を獲得し、独立へと至ったのです。


数あるゴールドラッシュの中でも可能性を感じさせる、ポジティブなエピソードですね!






閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示