金入門㉑ 個性豊かな「金色」の楽しみ方

色調豊かな「金色」の世界




「金色」といえばキラキラ輝く黄色みがかった色、そう思われる方が多いのではないでしょうか?

また金そのものは素敵だけど、身につけるにはちょっと・・・ という方もいらっしゃるかと思います。

実は金色にも絶妙に違う多様な色があるのです。


-ひとくちに「金」といってもいろいろな「金色」-

​・イエローゴールド:18金 金75/銀10-15/銅10-15 ・グリーンゴールド:18金(青割り、青金) 金75/銀25 ・レッドゴールド:18金 金75/銅25 ・ピンクゴールド 金75/残り25のうち80の銅←最近だとパラジウム ・ホワイトゴールド※プラチナの代役、白金とは別物 金/銅・亜鉛・ニッケル(5以上)or銀・銅・パラジウム(5以上)



実は金色にも絶妙に違う多様な色があるのです。

色調の違いは金の割合や他素材の配合で変わってきます。


・イエローゴールド:金75/銀10-15/銅10-15

折り紙に入っている金色が近いです。純金と比べ品があり控えめな輝きを楽しめます。


・グリーンゴールド:金75/銀25

青割り、青金とも呼ばれています。その名の通り青みがかっており、アンティーク調の色合いです。ちょっと大人な落ち着いた印象を与えます。


・レッドゴールド:金75/銅25

肌が紅潮したような、温かみのある色合いです。嫌味の無い、健康的な印象を与えてくれます。


・ピンクゴールド:金75/残り25のうち80の銅orパラジウム

レッドゴールドをさらに柔らかくした色合いです。ベージュにも近く、大人らしく愛らしい印象を与えます。


・ホワイトゴールド:金/銅・亜鉛・ニッケル(5以上)or銀・銅・パラジウム(5以上)

見た目にはプラチナに近いですが、少し黄色みを帯びている色合いです。

透明感があり、肌に馴染む温かい白色を楽しむ事が出来ます。


日本人は肌の色から、銀やプラチナを好む傾向があると言われます。

肌も様々な色があり、その肌に合った金色も多様です。


是非、ご自身に合った素敵な「金色」に出会っていただければと思います。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示