• 株式会社 RAIN

金入門⑪ 日本は金の宝庫?!

皆さん「都市鉱山」という言葉を聞いた事がありますか?


これは東北大学の南條道夫教授が提唱したリサイクルの概念で、地上に蓄積された工業製品を資源とみなして「都市鉱山」と名付け、資源をそこから積極的に取り出すこと試みる概念です。


8月に閉会した東京オリンピックでも都市鉱山から金・銀・銅を収集し、5000個のメダルを製作するプロジェクトが組まれました。

まさしく、サステナブル時代らしい試みですね。


日本は廃棄物大国という背景から「都市鉱山の宝庫」と言われています。


実は日本の都市鉱山内の金の量は6,800tあり、全世界の保有量の16%に上ると言われています。


また金は何回精錬・加工しても劣化せずその性質を変えないという、素材の中でも極めて優れた特性を持っています。


都市鉱山から金を収集し、古い製品から新しく蘇らせる・・・限りある資源を有効活用する賢い方法ですね。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示