金入門㉕ 金の経済の歴史は浅い?

経済の主役になるまでの軌跡


古代からその輝きで人々を魅了・翻弄し、愛されてきた金。


金が発見されたのは7000年以上も前。

世界最古の金貨は紀元前6-7世紀頃のトルコ・リディア王国の「エレクトロン貨」と言われています。


しかしながら古代から中世までの貨幣経済の中心は銀でした。


なぜかと言うと金は希少価値が高く、普段の取引には不向きだったためです。


17世紀以降になり、ヨーロッパで銀の大量流入と価値低下が起こり、変わりに金が経済の中心にやっと躍り出る様になったのです。


硬貨といえば金、のイメージがありますが実はその歴史は浅いのです。

金がいかに貴重だったかを物語るエピソードですね。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示