top of page

紀元前から人々を魅了する「金(ゴールド)」



普遍的な美しさ


金(ゴールド)は、不変の輝きを持ち、古代からステータスの象徴やお守りとして人々に愛されてきました。最古の金製品は紀元前6000年のシュメール人の装飾品、世界的に有名なのは紀元前1300年の「ツタンカーメンの黄金のマスク」。その他女王クレオパトラの装飾品、中国春秋戦国時代の貨幣や印鑑、日本では金色堂に代表される平泉黄金文化など、煌びやかな歴史のイメージを彷彿させます。


その黄金色の輝きや、不変の性質は、鉱物資源の中でも圧倒的な存在感を示しております。一方その希少性と産出量の少なさから、中世ヨーロッパでは他の金属から金を生み出す研究が盛んに行われました。これがいわゆる「錬金術」と呼ばれるものです。この錬金術の研究が今日の化学の基礎となっています。


また、金はリサイクルの分野でも非常に優秀で​何度でも精製されたり加工されても​性質は変わりません。また世界の生産量の約4割がリサイクルで​回っています。​ 「金を通じて、古くを新しくする」によって、持続可能なサステナブルな現代​社会にも繋がっていきます。




資産価値


金は紀元前から​世界共通の通貨、とも言われて取引されています「有事の金」と言われる様に不安定な時代にこそ金の存在感は発揮されました。この20年間で金の価値は7倍以上に上昇し、2023年6月においては史上最高値の9,000円台を記録しました。


金と人類の歴史は切っても切り離せません。








閲覧数:44回0件のコメント

Comments


bottom of page