• 株式会社 RAIN

金入門㉟ カルフォルニア・ゴールドラッシュの終焉とは





世界共通の栄枯盛衰のストーリー


『ゴールドラッシュ』といえばカルフォルニアが真っ先に思い浮かぶも多いのでは無いでしょうか。


まさしくアメリカンドリームを象徴する土地でもありますよね。

その華やかしいイメージとは裏腹に、このゴールドラッシュは終焉を迎える事になります。


1848年カルフォルニアのアメリカ川で砂金が発見されました。

一攫千金を求め30万もの人々が国内外が集まり、カリフォルニア経済は急発展するのです。

川の金が取り尽くされると源流に金山が発見され開発が進みました。

しかしその後、金の採掘量・流通量が増えた事でその価値(価格)が低下してしまいます。


また金山からの金の採取は大規模な設備が必要です。

設備投資の莫大な費用もあり採算が合わなくなり閉山に追い込まれるのです。


他の記事でもご紹介する通り、これは他国の金山でも起こっている現象です。


金発見のニュースに皆が一斉に飛びつき、一攫千金を求めて採取、多額の投資をするものの採算が合わなくなり撤退・・・規模の大小はあれ、金に取り憑かれた人々の運命と言えそうです。


この栄枯盛衰のサイクルは世界共通の様ですね。


​・1848年カルフォルニアのアメリカ川で砂金が発見

・一攫千金を求め30万もの人々が国内外が集まり、カリフォルニア経済は急発展する

・川の金が取り尽くされると源流に金山が発見され開発が進む

・採掘量・流通量が増えた事で金の価値(価格)は低下

・金山からの採取は大規模な設備が必要

⇨採算が合わなくなり閉山に

・他国でも同じ現象が起きている


■発見→開発→衰退は世界共通のサイクル



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示